自主ケアはストレッチポールがお勧め♪

パフォーマンス向上, 未分類, 柔軟性やストレッチ

 

自分でケアしたり体と整えるには、ストレッチポールはお勧めです。

 

ストレッチだけでなく、筋肉の調整が出来ます。

 

腕の動きを起こった時、左右差を自身で感じてもらいます。

 

何となく右と左の具合が違うないぁって思った時は、動かしながら、同じになるように調整します。

 

特に肩甲骨の動きによく注目して行うと効果的ですよ!

 

左右差を感じられる点で言えば、ストレッチポールはお勧めですね!

 

ツイッターの最後に、「歪み=悪ではない」と書かせてもらいました。

 

これは私がずっと言ってきていることで、体の歪みを悪にしてはいけないと思っています。

 

歪みがあるからこそ、今の体の状態が保っているということ。

 

そもそも、利きが体にある時点で歪みがあるということです。
手も目も耳も脚も、右か左に利きがありますよね。
これも歪みの一部じゃないのか?とも考えられます。

 

歪みがあるのは、歪むような生活を送っているから。

 

体が痛くなるのは、痛くなるような生活を送っているからです。
根本の改善はそこをなおす必要があるのです。

 

ひとまず、歪みや左右差が気になる人は、ストレッチポールを行ってみたらいいと思いますよ♪

IMG_1741

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧