柔軟性で見る筋肉のバランス

こんにちは!

 

筋肉のバランスは、柔軟性から見ることが出来ます。

 

単純な判断の方法があるんで、良かったら参考にしてみて下さい。

 

ストレッチをして、良く伸びる筋肉(柔軟性がある)と、硬くて痛くてあまり伸びない筋肉があると思います。

 

良く伸びる筋肉は、筋肉の収縮力がない傾向があります。
簡単に言えば、筋力が弱いということ。

 

硬い筋肉は、伸びないけど縮む力が強い。
筋力が強い傾向にあります。

 

一概には言えませんが、単純にそう考えても問題はありません。

 

筋肉のバランスを考えた場合、柔軟性がある筋肉は筋トレが必要で、硬い筋肉はストレッチが必要だということです。
※筋肉が硬い方は、筋力がなくて硬くなることもあります。

 

男性に多いですが、大胸筋のトレーニングばかりしてて、背中が丸くなり、猫背のような姿勢の人をよく見かけます。

 

この記事を書いています。
⇒ 筋バランスや自分の姿勢を気にしたトレーニングをしよう!

 

自分の気になる部位や好きなトレーニングばかりやっていると、筋肉のバランスが崩れ、姿勢が悪くなるだけでなく、ケガや故障にも繋がってしまいます。

 

体の為にやっているのに、逆効果ということになってしまっては本末転倒だと思います。

 

見た目の筋肉も大事かもしれませんが、出来れば筋肉のバランスを考えてトレーニングして欲しい。

 

わからなければ、私のような専門家に相談してみたらいかがでしょうか?

 

体の為に良いことをしているので、体にとっていい方向に導く内容で進めていきましょう!

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!