前屈が得意でも苦手になる箇所が存在する事例

前屈が得意な人は、太ももの裏(ハムストリングス)の筋肉が柔らかいことが特徴です。

 

一見したら柔軟性があるように見えるタイプです。

 

そこで、見逃して欲しくないことは、ハム(ハムストリングス)が柔らかいことで、逆に硬くなるところがあり、苦手なところが存在します。

 

硬くなる箇所は、大腿四頭筋、腸腰筋、脊柱起立筋。

 

中には柔らかい人もいますが、概ね硬くなる傾向にあります。

 

硬くなることで、骨盤が前に傾き反り腰のようになります。このタイプを骨盤前傾タイプと呼んでいます。

 

苦手なのは腹筋です。

 

背中を丸く出来ないので、腹直筋に上手に刺激を与えることが出来ない傾向にあります。

 

その為、なかなか腹筋の力が向上しません。

 

骨盤前傾の人は、この腹筋をしっかり行う必要があります。

 

シットアップエルボー
http://www.body77.jp/blog/situpelbow/

 

フロアシットアップ
http://www.body77.jp/blog/post-154/

 

腹筋を行うことで、腹筋力が増し、相反抑制により脊柱起立筋の柔軟性が増します。

 

ストレッチはこの記事内にある「下S14」「下S15」を参考にして下さい。
http://www.body77.jp/blog/kasist/

 

大腿四頭筋、腸腰筋のストレッチを紹介しています。

 

比較的に骨盤前傾タイプは少ないかなと思います。

 

どちらかというと、骨盤後傾型が多いと思いますので、骨盤後傾型の記事も時期をみて書きたいと思います。

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!