全ての現象を糧(経験)と捉えれば、失敗という概念は存在しない。

 

「失敗は成功のもと」ということは聞いたことはあると思います。

 

全ての現象を糧(経験)と捉えれば、失敗という概念はなくなります。

 

何か行動を起こすと、何かの失敗は必ず起こります。

 

これは全ての人に起こりうるものです。

 

この失敗を失敗として捉えてしまうと、心にダメージが残り、次の行動に制限をかけてしまいます。

 

成功するきっかけになるはずが、ブレーキをかけてしまい、成功するきっかけを、自ら遠のいてしまう行動をとってしまいます。

 

そうなることは、とてももったいないことです。

 

失敗することは、誰でも嫌です。

 

私も嫌です。

 

嫌だけど、失敗という気持ちで捉えず、全ての現象は糧(経験)になっているという気持ちで、行動を起こすと恐れるものがなくなっていきます。

 

チームスポーツを行っている人は、チームプレーなので、自身のミスで勝敗が決まることはあるでしょう。

 

だから、「失敗してはいけない」「エラーしたらダメだ」という考えになると、余計硬くなり、その現象を引き起こしやすくなります。

 

失敗しても、エラーしても皆がいるから大丈夫だし、思い切りやった結果だから、その結果は受け入れよう。
という考えにすると、案外ミスは減ります。

 

ミスした時は謝ればいいし、次同じことならないように練習すればいいのです。

 

ひとつ問題があります。

 

監督の采配を恐れてしまうことです。

 

私が現役の時もあったのですが、エラーしたら交代するという采配。

 

一発勝負であり、そのエラーが試合を大きく揺るがすものだとしても、エラーしての交代というのは、チームにとってプラスに働かないと私考えています。

 

エラーして交代すると、エラーを恐れたプレーを引き起こし、更にエラーを呼び込みます。

 

そんな状態ってチームにとっていい状態ではないと思いませんか?

 

私は、エラーしたらみんなでカバーし、皆で成長させる雰囲気を作ることが大事かなと思います。

 

恐れがあるプレーはミスを引き起こし、そのミスは失敗として心に残り、今後のプレーに悪影響を起こす。

 

これは成功するための糧(経験)ではないですよね。

 

糧にするためには、ミスしたことを受け入れて、自分自身にOKを出すことです。

 

この繰り返しを続ければ、ミスは減り、上達するし、結果的にチームのためになります。

 

失敗を恐れず、果敢に挑み、どんどん糧(経験)を積んでください。

 

それが、輝かしい栄光へ繋がると私は信じています。

 

 

☆私のツイッター☆
@tsuji_bp

☆Facebook☆
私のFacebookは「辻洋介」で検索♪
お友達申請OKです

☆私が代表しているボディプランニングのサイト☆
⇒ ボディプランニング
⇒ ボディプランニング(各先生達が日々ブログ更新中♪)
⇒ ボディプランニングFacebook

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!