頑張り過ぎない勇気を持とう!ケガしない体作りを!

blog, パフォーマンス向上

頑張り過ぎない勇気を持とう!
指導者の言われるがままにならないようにと思います。

 

2e28a9ac8b65bede6bfea28796e3400f_s

 

こんにちは!先日のツイッターで呟いたことの反響が大きかったようです。

 

 

私は、選手がケガすることは指導者の指導が悪いと思っています。

 

よく「自己管理が足りないからだ!」という人がいるみたいですけど、チームスポーツはどうしても頑張り過ぎてしまう。

 

レギュラーを目指しているなら弱音なんか尚更吐けない。

 

頑張り過ぎてケガしちゃうんです。

 

指導者はそんな子達をいち早くみつけケアしないといけません。

 

技術ばかり、トレーニングばかりでは良くないです。

 

体のケア、心のケアが何より大事。

 

部員が多いとそこまで目がいきにくいのはわかります。

 

だけど、そこまでやらないといけないのでは?と私は考えています。

 

学生野球のスポーツ生命は短いです。

 

短いからこそ、ケガは絶対にダメです。

 

ケガさせちゃダメなんです。

 

今、痛いけど無理している選手は、無理せず回復させて下さい。

 

自身のパフォーマンスをしっかり発揮したいのならば、頑張り過ぎない勇気をもって下さい。

 

そして、思う存分試合で暴れて欲しいです♪

 

私は頑張っているアスリートの力になりたいです。

 

トレーニングのことだけではないところもサポート出来たらと思います。

 

悩んでいること、不安なことは気軽に相談してくれたら嬉しいです。

 

相談は、ツイッターでもFacebookでもメールでもなんでもOKですよ♪

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧