筋肉を動かすだけのトレーニングから卒業しよう!

トレーニングでは、筋肉を意識してトレーニングしないと意味がないと言われています。

 

実際のところ、そんなに意識しなくても十分トレーニングの効果はあります。

 

どこの筋肉を使っているのかということを、理解しながら行うことはもちろん大切です。

 

ただ、それだけではトレーニングとしてはもったいない。

 

もっと自分の体をみつめて欲しい。

 

関節の角度軌道負荷の方向や重力体幹からの連動性などを感じて欲しいと思っています。

 

人間の動きは一度に様々な箇所が同時に動きます。

 

スポーツにおいては特にそうです。

 

トレーニングでは単体で動くことが多く、筋肉に対して刺激はしっかり入ります。

 

しかし、動きに関しては繋がりが出来にくくなるのです。

 

繋がりをもたせるには、現在動いている箇所と違った部分も感じてみる。

 

要するに使っていない場所も意識をかたむけてみるのです。

 

そうると、色んなな発見があります。

 

脚の裏や床からの床反力、股関節の反応、体幹や軸の反応などを感じるかもしれません。

 

感じ方は人それぞれ。

 

これが正解なんだという堅苦しい決まり事はいりません。

 

自分が感じるままが正しいと思ってもOKです。

 

難しいと感じるかもしれませんが、自身の感覚を大切にトレーニングに励んでみて下さい♪

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!