イップスの挫折から、野球復活した道。

私が現役の頃(高校生の時)は、イップスという言葉がなかった時代でした。(当時、単に知らなかっただけかもしれませんが)
⇒ イップスって何?

 

ピッチャーとして復活は出来ませんでしたが、野球を諦めずに続けれたこと、レギュラーまでつかめたこと、そんなことを書いてみようと思います。

 

私は高校時代はピッチャーを選択しました。
今思えば、野手の方がセンスあったと思うんですけど、どうしてもピッチャーをやりたかったんです。

 

2年生になる前の練習の時、送球時に変な投げ方になって、少しだけ肩を痛めてしまったのです。

 

イップスの原因はこれです。

 

痛めたときにちゃんと処置していれば問題なかったのですけど、「何とかなるだろう」という安易な考えで練習を続け悪化していきました。

 

幸い肩の痛みは良くなったのですけど、影響は続いたのです。

 

それは、ストライクがどうしても入らない。ということが起きたのです。
ブルペンでは普通に投げることができて、ストライクも普通にとれます。

 

ただ、試合になるとストライクが入らない。
入らないから焦る。
焦ると余計に入らない。
そんなループにはまってしまいました。

 

その後、投げ方がわからなくなり、どうしていいかわからない状況まで落ちていきました。

 

ほんとに辛い状況だったことは今でも覚えています。

 

試行錯誤の日々。

 

自宅に帰ってもシャドーピッチングは毎日取り組み研究。
そして、迷走・・・。

 

たぶん、これが良くなかったかもしれない。

 

一旦、中止して治療していれば悪化することはなかったかもしれません。
ただ、そんな症状というものが、当時知られてなく、私の母親は看護師だったんですけど、知らなかったのです。

 

諦めの悪い私は、アンダースローに変更しました。
アンダースローのフォームは最初は苦戦はしたもののマスターし、普通に投げられるようにはなりました。

 

だけど、イップスは心の病気。
それを知らなかったし、試合にでるとやはりストライクは入らないのです。

 

思い切って野手に変更。

 

元々、内野手だったのでここはスムーズに進みました。

 

投げ方が微妙だったので、まずは外野手から始めて投げられるように修正し、その後、内野手に戻ることにしました。

 

野手での送球は普通に可能で、投げる球も伸びるし問題なかったです。
思い切って野球を取り組めました。

 

そして、レギュラーにもなることが出来たので、好きな野球は3年間続けることが出来ました。

 

イップス自体の克服は恐らく当時は出来ていません。

 

ただ、環境を変えるということが、復活することが出来ました。

 

甲子園には出られなかったですけど、、、

6990b6750005a383196124d6565fa3e9_s

 

現状では、野球から長く離れている(草野球程度はやっていました)おかげか、普通に投げられるように戻っています。

 

今でも軽くシャドーピッチングも継続中です♪

 

あとは、試合で投げられるかどうか。。。
って、投げる環境がないから、それも確かめることも出来ないんですけど・・・(笑)

 

ただ、バッティングや他のパフォーマンスは悪くないと思いますよ♪

 

来年は草野球に復活しようかなと考えています☆

 

野球は何歳になっても好きですし、やりたいものです。

 

野球に関してのパフォーマンスアップは私の得意分野でもあります。

 

体の使い方、動きのトレーニングはやっていて損はないし、私自身も実感していることなので、これからも進めていきます。

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!