高校球児の時に知識があったら今頃は。。。

高校球児の時に知識があったら今頃は。。。もっと活躍して違うステージにいたかもしれない。

と思うことがあります。

 

私は高校時代は野球に明け暮れていました。
上手になろうと思い日々の練習を頑張っていました。

 

本当にむしゃらに練習していました。

 

ただ単にがむしゃらなだけで、本当に上手になる練習が出来ていたかというと、今思うと全く的外れなことをしていたように思います。

 

今、トレーナーの仕事していますが、今の知識が当時あれば、プレースタイルや技術は格段に違っていただろうなぁって思います。

8e3a7ef4cd8f8ba574359a9b97595f1a_s
※画像はイメージです。

 

今日は、野球をやっている受講者さんが私と同じことを言っていました。

 

最近、高校野球を引退して、今はボートレーサーを目指していますが、その子も「野球やっていた時に辻さんに出会いたかった」と言っていました。

 

この発言の理由は、現役の時よりも体の動きやパフォーマンスが格段に上がっているということです。

 

多くの人は、パフォーマンスを上げるためにトレーニングをしていると思います。

 

ウエイトトレーニングやマシントレーニングなど、筋力をしっかり鍛えて、本当に強くなっていると思います。

 

だけど、その強くなった筋力を本当に生かせているのか?

 

ここに疑問を投げかけて欲しいのです。

 

今日の受講者さんでも、現役の時はベンチプレスを140㎏、スクワット300㎏を持ち上げていたようです。

 

強烈な筋力を持っていても球速は、145km/h前後。
もっと速くてもいいはずなのに、それが出来ない理由は、「体の使い方」が上手くないということなのです。

 

鍛えた筋力を生かさなければ、宝の持ち腐れです。
単に強いだけです。

 

強さを生かす為の体の使い方の練習が必要なのです。

 

力の伝達

 

ここが非常に重要です。

 

私の指導では、ここをとても大切にしています。

 

動きに特化した練習は、体の軸や重心位置、体幹や肩甲骨のポジション、関節の角度や軌道をチェックし、上半身と下半身との繋がりとタイミングを見ながら、その都度チェックしています。

 

これを続けていくと確実にパフォーマンスは変わっていくと思います。

 

スポーツの技術の向上は、今やっているスポーツの練習で伸びて行くものです。

 

だけど、そこに繋がる土台部分をしっかり作って、その土台を生かす体の使い方を覚え、その上でスポーツ技術を伸ばす練習を行うことで、飛躍的に伸びていきます。

 

現状で伸び悩んでいる人は、自身の体の動きにフォーカスを当ててみたらいかがでしょうか?

 

自身では気付いていないことも沢山あるので、難しいかもしれません。
ただ、意識をそこに持つと新たな発見があるかもですよ!

 

わからない部分がありましたら、ご連絡いただければお応えしますよ!

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!